量産型リコ_第2話|1/24の情熱『ニッサンR35GT-R』プラモデル

ココイイ-趣味-量産型リコ02

『深夜ドラマ×プラモデル』というなんともワクワクするオリジナルドラマが面白い。
その第2話では、「ニッサンR35GT-R」を作る事で仕事での何か大切なものを気づかせてくれます。

プラモデルの組み立てを通じて人生の何か大事なものを発見するのがこのドラマの醍醐味です。


今回は、第2話目に出てくる「1/24の情熱」の簡単な内容とそこで組み立てるプラモデル「ニッサンR35GT-R」の紹介をさせていただきます。

周りにサポートされながらも自分一人でプラモを楽しむ感じが観ていて楽しい
私だけではなくみんな作りたくなるような趣味、それが「プラモ組み立て」ですね。
毎回、楽しみに見ています。

目次

でも「量産型リコ」ってどんな番組だ?

プラモデル02

「プラモ」って言葉は聞いたことがあり、何となくはわかっているつもりです。
「プラモデルの略でしょ」

そうです。それを作る女子の事を「プラモ女子」と呼んでいます。

ドラマ主人公のイベント会社社員・小向璃子(こむかいりこ)は一般的な会社のどこにでもいるような「量産型の人間」

その「量産型の人間」リコが人生への向き合い方や周りの人との付き合い方を「プラモ女子」になることで変化していく、その就業後におこなうソロ活をドラマ化したのが、大人気番組『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-です。

この番組を見て女性が「プラモ女子」を積極的に楽しむ事が増えているそうです。
女子が自分を高める為にアフターファイブ「プラモ女子」になる、そんな時代なんですね。

そんなドラマの内容そこで作っていたプラモデルをご紹介したいと思います。

紹介:第2話|新車スポーツカーPRイベントのプレゼンのために「ニッサンR35GT-R」を作る

プラモデル

スポーツカーのPRイベントに何の情熱もわかない璃子が、模型店でニッサンR35GT-Rを作る事で、見えない細部まで作り込まれるスポーツカーの魅力に気づき、見事プレゼンを成功させる姿は、仕事を成功させるにはどうしたら良いかを我々にも気づかせてくれます。

引用:公式サイト
第2話タイトル1/24の情熱
放送日2022年7月8日
内容スポーツカーのPRイベントのプレゼンテーションを受け持つことになり、悩みを抱える璃子は、再び模型店を訪れ、「NISSAN R35 GT-R1/24」のプラモデルを手に取り“御開帳”。
前回の「量産型ザク」とは違って細かすぎるパーツに璃子は不安の表情を浮かべる……。
公式サイトより
プラモデル名1/24 ニッサンR35GT-Rピュアエディション’14 ザ・モデルカーシリーズ03
サイズ1/24スケール
内容2007年12月に登場した R35GT-R は、
その圧倒的なパフォーマンスを世界に示し、GT-Rの新しい歴史を切り開きました。
その後、常に世界のハイエンドマシンであるべく毎年のように進化、深化しています。

最後に:細かいパーツを組み立てる事で仕事の重要性に気づいた

プラモデル06

いかがですか。
「量産型リコ」の第2話

会社で指示された【スポーツカーの魅力を伝えるというプレゼン】「スポーツカーの情熱的なプレゼンをしたいがどうしたらいいのか・・・」と迷った時に、細部まで細かいパーツで構成された「ニッサン R35 GT-R1/24」のプラモデルを実際に作ってみる事で、見えないパーツの大切さに気づきプレゼンも情熱的に伝え大成功で終えることができていました。

そんなにうまくいくかどうかは別として、今回はニッサン R35 GT-R1/24」を作る事で「隠れたパーツの魅力に気づき隠れたパーツがどれほど大切なものかを伝える」事で、たとえ【量産型であっても自分たちは会社の隠れたパーツとして仕事に役立つ人間】である事に気づいています。

わたしもドラマを見て集中して仕事をする事の大切さに改めて気付きました。

この量産型リコのドラマの主人公のごとく、プラモを作って楽しみましょうよ。

ちなみに、プラモなどのホビー関係を扱っているサイトはこちらになります。

他にも量産型リコドラマの他の回をまとめましたので、よろしければそちらもご覧ください。

あわせて読みたい
【リンク集】量産型リコ|プラモ女子記事のリンクまとめました こちらでは、人気ドラマ「量産型リコ」で紹介されたものの記事のリンクをまとめています。プラモデルを作る事で成長を遂げるこの番組。みんなも作ってみましょう。 【量...

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次