これは使える!折りたたみ電動バイク【ブレイズ】普通免許でOK!

電動バイク_サムネ
目次

電動バイク【ブレイズ】が欲しい

ブレイズ1画像引用:https://portal.blaze-inc.co.jp/smartev/

みなさん、ちょっとしたところに気軽に行ける電動バイクって欲しくないですか?

「別にガソリン入れて走る50ccのスクーターでいいよ。」

まあ、そうですよね。

『でも、何で電動バイクが欲しいの?』

私の場合、今そう聞かれたら理由としてはこう答えますね。

✅ 「音の静かな電動バイクに乗りたい」
✅ 「ガソリンスタンドにいちいち行くのが面倒
✅ 「エコなこの時代、ガソリン車より電動」
✅ 「持ち運び可能なバイクが欲しい」

メインの足としてではなく、「車に積んで持っていけたら便利だなぁ・・・」と漠然と考えているだけなんですけどね。

ーーー

説明不要。早くそのサイトを見たい人はコチラをどうぞ

「早く見たいので、そのサイトを教えてほしい」という人は、下記リンクで直接「折りたたみ電動バイク」サイトを覗いてみてください。

ブレイズスマートEV

ーーー

ちなみにコレ買う前に、家にあるバイクを処分しなくっちゃね。

ココはイイよね「ココイイ」
【評判良し】相場より高騰するバイク買取|おすすめの買取業者はココ | ココはイイよね「ココイイ」 【おすすめの買取業者はココ】相場より高騰するバイク買取が評判となっています。市場では今、中古バイクがかなり高騰していて今がチャンスです。

電動バイク【ブレイズ】はなぜ人気?

ブレイズ3
画像引用:https://portal.blaze-inc.co.jp/smartev/

電動バイクは、なぜ人気なのでしょうか?

『クルマに積めて、旅先でちょっとした足になる』いうのが、みんなの心をわし掴みにしているのではないのでしょうか。

ーーー

✅ 原付ナンバーで運転できること。公道が走れるというのが大きな魅力。
自転車並みの手軽さなのにエンジン付き。
✅ 電気充電で動くので、家で充電できる。とても便利。

ーーー

キャンプ先での足に使ったり、遠方への旅行に持っていくなど、昔はとてもできなかった事が、今の電動バイクがあればできますからね。

どれぐらいスペックが高いかの比較

スペック

本体がとても軽い

一般的な原付バイク 電動バイク【ブレイズ】
重量は? 70~90kg 18kg

電動バイクは18kgほどの重量です。
(市販されている原付バイクの重量は、一般的なスクータータイプであれば大体70~90kgくらいが平均的と言われています。)

非常に軽い事がわかるかと思います。

ということは、持ち運びも苦にならないですよね。

ーーー

大きさが小さい

一般的な原付バイク 電動バイク【ブレイズ】
全長は? 1.6m~1.9m 1.2m

電動バイクは1.5mほどの全長です。(走行時)
(市販されている原付バイクの全長は、一般的なスクータータイプであれば大体1.6m~1.9mくらいとなります。)

さらに折りたたむと、電動バイク0.6m(全長)×1.2m(高さ)と非常にコンパクトになります。(折りたたみ時)

専用の輪行袋に入れれば、電車などで持ち運びが可能なのはスゴイですね。
また、軽自動車からワンボックスカーまでどんな車のトランクにも楽々積み込めるので、無限の使い道が考えられます。

ーーー

車両価格が安い

一般的な原付バイク 電動バイク【ブレイズ】
車両価格 20~30万円 18万円

電動バイクは18万円ほどの価格です。
(市販されている原付バイクの価格は、一般的なスクータータイプであれば大体20万~30万円くらいとなります。)

思ったほど高くないですよね。

ーーー

燃費が良く、燃料コストが安い

燃料の違い(ガソリン車→ガソリン、電動バイク→電気)がありますが、その燃費を比較してみましょう。

一般的な原付バイク 電動バイク【ブレイズ】
①燃料 ガソリン 電気
②タンク容量 約4リッター程度 3.5時間充電
③費用 140円×4リッター=560円 満充電で13円
④給油(充電)時間 給油場所まで時間はかかるが、すぐ給油は終了する。 3.5時間の充電時間が必要だが、自宅で充電できる。
⑤走行可能距離 約66km/×4=264km前後 約30km前後
⑥燃費 560円÷264km
=2.12円(1kmあたり)
13円÷30km
0.43円(1kmあたり)

電動バイクの燃費は圧倒的に安いのがわかると思います。

ーーー

電動バイクのメリット・デメリット

チェック

電動バイクのメリッデメリットをまとめときます。

電動バイクのメリット

✅ 本体が軽くて小さいので持ち運びができる。
燃費が安いのでリーズナブルな乗り物として使える。
✅ 充電は自宅であればコンセントでの充電、出先であれば車のインバーターでの充電も可能。
✅ 見た目がカッコイイ!

購入理由で一番多いのはやはり「バイクを気軽に持ち運べる」​です。
購入する人のほとんどがチョイ乗りを選ぶ理由にあげています。

ーーー

電動バイクのデメリット

✅ 1回の充電で走れる距離が少ない。(30km程度)
充電時間が3.5時間となり、急速充電ですぐ使いたい人には不向き。

私の場合、「急速充電できれば使い勝手がさらに良くなるなぁ」ぐらいの感想です。
今後に期待してます。

ーーー

ーーー

航続距離を除けば、メリットが目立つ乗り物だと思います。
乗り物メインとして使う方ではなく、【旅行先の移動手段】【キャンプやアウトドアの時に持っていく】など遊びに使う方には最適ですね。

ーーー

必要なものはあるの?

電動バイク以外で、最低限必要なものはあります。下に書いときます。

✅ 原付免許
✅ ヘルメット
✅ ナンバープレート
✅ 自賠責保険

ーーー

原付免許(普通免許持ってればOK!)

免許

公道を走るために、原付免許が必要です。
これは普通免許を持ってれば問題ありませんよね。

ーーー

ヘルメット

ヘルメット

次に、もちろんヘルメットも必要となります。
原付なので当たり前ですね。

「馬鹿にしてるの?」

いえいえそうではありません。

「電動バイクはきちんと車に積み込んだのに、ヘルメットを忘れてしまったぁ~!」
ってことがあるので注意です。
(実際に私はやらかしました・・・)

ーーー

ナンバープレートの取得と自賠責保険への加入

ナンバープレート

これはバイクの販売店が手続きしてくれくれるので心配無用。
ものすごく簡単に手続きが終了するので拍子抜けしますよ。

ーーー

おすすめの電動バイクリンク

これはいいですよ。ブレイズ スマートEV

ーーー

リンク付けときます。

サイトロゴ サイト名 内容
ブレイズスマートEV ブレイズスマートEV ブレイズスマートEVは100%電気で走行する、折りたたみ可能な電動バイクです。
ガソリン、オイルも一切使用しないためクルマに積み込み新たな移動手段の一つとして、また、旅行先での使用やちょっとした買い物にも大活躍します

スタイリッシュだし、持ち運びもできる。いいですねぇ。

これは「買い」でしょうね。
「電車でバイクを運ぶ」発想は今まで気づきませんでしたからね。

ーーー

最後に:新しい旅の仕方で楽しみましょう

カフェ

わかった事があります。
電動バイクって使い勝手がかなりいいんです。

休日に近くのカフェに行く時にちょっと乗っていくと、みんなチラチラ見てます。

特に良かったのが一人で行った旅行先での移動手段に使えた事。
観光地ってぶらぶら歩きながら楽しむのがいいんですけど、店から店への移動が少しある時なんか、これを使うととっても便利。

そう。「その辺をぶらぶら散歩する感じ」で使えるんですよね。

スタイリッシュだし、ほとんどお金かからないし、気軽に出かけられるし、遊びに最適な乗り物なので、みなさんも楽しい使い方でエンジョイライフを送りましょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次