【将来子供に観せたい映画 5選】人生に大切な何かを伝えたい

ココイイ-エンタメ-子供に観せたい映画

良い映画って自分の子供にも観せたいですよね。でもどんな映画が子供の成長に役立つのか良く分からないと言う方。

将来自分に子供会出来た時に一体どんな映画を観せるのか。
何歳の時にどういうシチュエーションで観せるのか。

自分の趣味のジャンルだけを観せていると、世の中にたくさんある名作映画に出会う機会が失われるんですよね。

じゃあ、どうしたらいいの? ってなりますが、名作映画を子供に見せる手っ取り早い方法って、「他の人がおすすめする映画」を観てみるのが一番早いと思います。

今回、YouTubeの番組「シネマンション/映画好きチャンネル」内で、「将来子供に観せたい映画 5選」という発表を行っていました。

役立ちそうな結果だったので皆さんにも共有しとこうと思います。

目次

YouTubeの番組「シネマンション」は映画の情報でいっぱい

【YouTubeの番組「シネマンション/映画好きチャンネル」とは】

「シネマンション/映画好きチャンネル」映画好きが好き勝手映画について話していく番組です。
考察や解説など難しい話はあんまりせずに、 「あのセリフいいよねぇ」「あのシーンカッコイイ!!」「女優さんが可愛い!」みたいな 映画の感想をラフに楽しく話しています。

「 映画好きを増やしていきたい!」というのが目的のYouTube番組です。

そんなシネマンション/映画好きチャンネルで選ばれた、将来子供に観せたい映画 5選をどうぞ。

将来子供に観せたい映画 5選はコレ

自分の子供には「人生に大切な何かを伝えたい」と思います。
そんな5作品になるかもしれませんね。参考にどうぞ。

①『グレムリン』

クリスマスに贈られた珍しいペットの飼育方法にまつわる騒動を描いたSFブラックコメディ。

引用:Amzon
タイトルグレムリン
上映年1984年
監督ジョー・ダンテ
出演者ザック・ギャリガン
フィービー・ケイツ
ホイト・アクストン
フランシス・リー・マッケイン
ポリー・ホリデイ
内容クリスマスの日に骨董品店に動物がいると言うことでその不思議な動物を買ってくる。
それがモグアイ(宇宙人)

モグアイには3つの禁止事項が。それは、
 ①水に濡らさないこと 
 ②光を当てないこと 
 ③12時過ぎに食べ物を与えないこと

その3つをしっかり守って育てる必要がある。

お歌が好きなモグアイのギズモ。
約束を守らないと大変なことになってしまうのだが・・・

約束事を守らないと大変なことになる。動物を飼うのは大変。ということを子供に認識させる。
①【禁止事項を守る】=【生き物を飼う上での約束事をしっかり教えることができる】
②【動物はかわいいだけじゃない】=【生き物を飼う上で大切にする努力凶暴さも持ち合わせていることを認識させる】
そういう視線で観ると確かに子供のためになるかもしれませんね。

②『クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん』

映画第22作目は、しんちゃん映画史上、最もアツい、オヤジの戦い!
子供は笑って大人は泣ける、シリーズ最高ケツ作がスペシャルプライスで登場!

ロボ、でもとーちゃん。

引用:Amazon
タイトルクレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん
上映年2014年
シリーズシリーズ第22作目
主題歌きゃりーぱみゅぱみゅ「ファミリーパーティー」
内容ある日、ギックリ腰を治しにマッサージに行ったとーちゃん。
そしたら…なんと、ロボットになって帰ってきた! ?

ロボットになったひろしに戸惑うみさえと大喜びのしんのすけ
美味しい料理を作ったり、家をピカピカにしたり、リモコン操作もできる「ロボとーちゃん」は、チョー便利。
しかしそれは、家庭での立場がすっかり弱くなってしまった日本の父親たちの復権をもくろむ、
父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)による巨大な陰謀だったのだ!

正気を失った父親たちによる「父親革命」が勃発し、野原家も春日部も崩壊寸前! !
その時、「ロボとーちゃん」しんのすけと一緒に立ち上がる! !

はたして、野原一家の、そしてロボひろしの運命は!? 今、日本中の家族の愛が試される!

クレヨンしんちゃんシリーズは、友情と家族愛が必ず描かれているので一見お下劣と思われるが実はいい作品です。現代の悩みを抱えたごく普通の家族像が親近感が沸き良いです。子供から見たらパパが一番カッコいいと思われたいのでこの作品は「パパの大事さ」を学ぶためにも観ておいたほうがいいです。

③『MIB(メン・イン・ブラック)』

ニューヨーク市警のとある刑事(ウィルスミス)が秘密組織のMIBにスカウトされる。
そこの組織は実はMIB=エイリアンと戦う組織だった。

引用:Amazon
タイトルMIB(メン・イン・ブラック)
上映年1997年
監督バリー・ソネンフェルド
出演者トミー・リー・ジョーンズ
ウィル・スミス
内容ニューヨーク市警の刑事エドワーズは、黒いスーツに身を包んだ男「K」にスカウトされ、最高機密機関MIB(MEN IN BLACK)の一員となる。

過去を抹殺され、名前もただの「J」となった彼は、現在地球上に約1,500ものエイリアンが人間に姿を変えて暮らしている事を知る。

エイリアン達が犯罪や侵略行為に出ないよう監視し、その存在を世間から隠す事がMIBの任務だった。

そして、ベテラン捜査官の「K」新米の「J」を待っていたのは、銀河系の存亡を賭けた戦いだった・・・。

われわれの日常にはエイリアンが潜んでいるというこのワクワク感がたまらない。
見たこともない武器を携えて立ち向かうその様は見たことのない映画となっている。
子供には【=固定概念をなくして、いつまでもワクワクと探求心を持って生きてほしい】と言う願いを持って観せるのがベスト。
枠にハマったつまらない大人にはなってほしくないからね。

④『トップガンマーヴェリック』

『トップガン マーヴェリック』は、2022年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。
1986年の『トップガン』の36年振りの続編。

引用:Amazon
タイトルトップガンマーヴェリック
上映年2022年
監督ジョセフ・コシンスキー
出演者トム・クルーズ
マイルズ・テラー
ジェニファー・コネリー
ジョン・ハム
グレン・パウエル
ルイス・プルマン
エド・ハリス
ヴァル・キルマー
内容海軍パイロットのトップとして30年以上軍務に服してきたピート・マーヴェリック・ミッチェル(トム・クルーズ)は、今もなお勇敢なテストパイロットとして限界に挑み続けている。

しかしエリート卒業生グループを訓練するために「トップガン」に戻ったマーヴェリックは、過去の亡霊と向き合うことを強いられ、元パートナーである「グース」の息子ブラッドショー大尉(マイルズ・テーラー)と対峙することに。

そして選ばれたパイロットたちが究極の犠牲を求められる特殊任務に挑む時、激しい対立が起こる。

とにかく早く飛ぶ飛行機に乗って男たちが熱い戦いを繰り広げるというロマンと情熱を子供たちには体感してほしい。そういう意味では男の子向きの映画だと思う。

⑤『もののけ姫』

主人公のアシタカが村を襲おうとするタタリ神に矢を放ち、命を奪う事と引き換えに死の呪いを受ける。
アシタカは呪いの為村を追われ、呪いを絶つ為にも猪神が来た西の地へと旅立つ。

引用:スタジオジブリ公式
タイトルもののけ姫
上映年1997年
監督宮崎駿
声優出演者松田洋治 ⋅ 石田ゆり子 ⋅ 田中裕子 ⋅ 小林 薫 ⋅ 西村雅彦 ⋅ 上條恒彦 ⋅ 美輪明宏 ⋅ 森 光子 ⋅ 森繁久彌
内容中世・室町期の日本。
いまだ人を寄せ付けぬ太古の深い森の中には、人語を解する巨大な山犬や猪などの神獣たちが潜み、聖域を侵す人間たちを襲って、荒ぶる神々として恐れられていた。

エミシの末裔のアシタカは、人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神に呪いをかけられ、それを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれていく。

森を切り開こうとするタタラ製鉄集団とその長エボシ御前、森を守る山犬一族、そして山犬に育てられた人間の少女サン
アシタカはその狭間で、自分が呪われた理由を知り……。

なんならテーマ的には難しい作品かもしれない。
でも自然と人間の共生をテーマにしたこの作品は観とくべき。
 ①子供たちの心の空洞
 ②至る所に起こる差別
 ③人間と自然との関わり
 ④人間の憎悪の増幅作用、殺戮へ突き進む闘争本能
 ⑤神秘主義と合理主義の対立

を子供に教えることができる作品となっている。
そもそも子供にとって一番入りやすい時代劇や歴史モノがこういう作品なのかもしれない。

最後に:子供の世界がひろがる映画はどんどん観よう

いかがでしょうか。
年間数百本以上の映画を紹介する番組が選ぶ子供に観せたいおすすめ映画 5選はこのようになってます。

私はほとんど観た作品でしたが、子どもに役立つ作品とは思いもしませんでした。
こうやって番組のおすすめを改めて観ると「過去の名作」「子供が何度も観たくなるもの」が選ばれているのには感心しました。

やっぱりおすすめ作品を観ると子供の世界がひろがると改めて感じています。

懐かしいものから、心を掴まれるような素敵な作品まで、たくさん素敵な作品があるのには驚きですよね。
お互いいろんな人からおすすめされる良い作品を観て楽しい毎日を過ごしましょう。

他にも色んなYouTube・書籍・雑記の記事をまとめていますのでよろしければそちらもご覧いただければと思います。

あわせて読みたい
【リンク集】YouTube・書籍・雑記|記事のリンクまとめました こちらではYouTubeや雑誌で紹介されたものの記事のリンクをまとめています。  『杏/anne TOKYO』|女優 杏さん 『ほんタメ』|MC:ヨビノリたくみ・齋藤明里 『雑誌...

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次