1960年代|娯楽バイク漫画の始まり|懐かしの3作

ココイイ-エンタメ-バイク漫画1960年代

バイク漫画が大人気です。紙の単行本が手に入りにくい今、古いバイクの漫画を読みたいのなら「マンガアプリ」を駆使するのが狙い目です。今回は1960年代のバイク漫画に絞ってご紹介します。

「バイク漫画」とはオートバイ(モーターサイクル)またはライダー(バイク乗り)を主題にした漫画のことを指します。

そんな「バイク漫画」の中で「古いバイク漫画ってどんな漫画があるんだろう?」って人が結構います。
1960年代当時のオールドバイクが描かれた人気漫画やアニメに影響を与えた漫画を3タイトルご紹介したいと思います。

今ブームになっているカスタムバイクですが、当時のオリジナルバイクの漫画を読むとそのカッコよさに気づく人は多いと思います。是非この機会にオールドバイク漫画を読んでみてください。案外、ハマるかもしれませんよ。

参考に【私の最強の漫画入手ルーティーン】をお書きしておきます。

目次

見つけた! 最強の漫画入手ルーティーンはコレ

「バイク漫画」が好きな人は、「紙の単行本」も自分の手元に欲しい人がほとんどだそうです。
そういう人の為に、【私の最強漫画入手ルーティーン】を共有しときます。
是非この方法で好きな漫画をゲットしてください。

STEP
気になる漫画をマンガアプリで【検索】して無料【試し読み】してみる

まずマンガ検索してみて【無料で読む】で読んでみるのがいいですね。

STEP
気にいったら【無料会員登録】してお得に40%OFFで購入して続きの巻を読む

続きの巻を読むならAmebaマンガで【無料会員登録】
新規登録した方限定で、マンガどれでも100冊まで40%OFFなのでお得!

STEP
実際の単行本が手元に欲しい! そんな時には【単行本まとめ買い】してゲット!

なんと、実際に紙の単行本が欲しくなる人ほとんどらしいです。
そんな方は【単行本まとめ買い】しましょう。絶版本を手に入れるチャンスかも!

うまいやり方としては、【無料試し読み】【マンガアプリで購読】【単行本まとめ買い】の段階を経てバイク漫画を楽しむのが一番いいと思います。

紹介:1960年代バイク漫画が懐かしい

1960年代の漫画って言うと、まだバイクの描写が変換期に入る前で、マンガチックな描写がまだまだあった時期です。「娯楽漫画」から「シリアス漫画」に変わっていく様が楽しめる時期かもしれませんね。

その1960年代のバイク漫画の代表的なものを3タイトルご紹介させていただきます。

① ゼロバイ

引用:ざんぶろんぞ
紙の本をお得に購入するならコチラ
作者原作・久米みのる 漫画・山崎まさる
雑誌名「週刊少年マガジン」 講談社
リリース1965年
内容リモコンで走る特殊なバイク「ゼロバイ」

バイク漫画というよりはロボット漫画に近いかも・・・

読んでみたい。けれど見つからないんでまだ読んでいません・・・。
昔の参考資料で何ページか読んだぐらい。
造形などは今の実物に忠実なオートバイ漫画ではないかもしれませんが娯楽作品として当時人気があったそうです。

② マッハ三四郎

引用:Amazon
紙の本をお得に購入するならコチラ
作者久米穣/九里一平/吉田竜夫
雑誌名「週刊少年マガジン」 講談社
リリース1960年
内容ゴールデンアロー号を駆って 地獄めぐりレースに参加する三四郎は、 卑怯な罠によって目に障害を負った。

日本の誇る少年スピード王に、海上ジェット団の魔の手が迫る。

タツノコプロの名作アニメ『マッハGO!GO!GO!』の原型になった作品がこの漫画です。
引用:Wikipedia

おそらくバイク漫画の原点としたらこれになるんじゃないでしょうかね。
この漫画を元に「マッハGO!GO!GO!」「紅三四郎」などタツノコプロのアニメも出来たそうです。
バイクレースなどバイクでスピードを争うのはこの漫画からではないでしょうか。

③ ワイルド7 

引用:Amebaマンガ
紙の本をお得に購入するならコチラ
作者望月三起也
雑誌名「週刊少年キング」 少年画報社社
リリース1969年
内容全48巻

『ワイルド7』は、望月三起也による日本の漫画。
テレビドラマ化などもされている。
2015年12月時点で累計発行部数は800万部を突破している。

【あらすじ】
「ワイルド7」とは、悪人に対して即断即決の武力行使を容認された超法規的な組織の名称。
通称「地獄からきた警察」と称され畏怖される。

実働部隊の構成メンバーの員数は7人で、全員がバイク・車両の運転操作および火器・刃物など武器全般の扱いに精通しており、使命遂行のためには手段を選ばない。

隊長の草波勝は「毒をもって毒を制す」の故事に倣い、広汎な裏社会から厳格な審査基準を満たす異能の人材を集めて「悪をもって悪を制す」という前代未聞の特殊部隊を立ち上げた。

階級としては、デフォルトの7人全員が一般の警察署長よりも高位の「警視正」を拝命している。
引用:Wikipedia

実在する本格的なオートバイ海外の拳銃や火器など劇画でシリアスに描かれた漫画がコレ「ワイルド7」
この漫画からエンジンやメーターなど部品までもが細かく描写された漫画となったと言える。
50年以上前の漫画だが、おそらく今の漫画と遜色ないぐらいのレベルで描かれているのはこの漫画からではないだろうか。
まだ今ならコミックも手に入りやすいので今のうちに購入しとくのが良いかもしれないですね。

最後に:1960年代 ここからバイク漫画の攻勢が始まったんです。

いかがでしょうか。

1960年代のバイク漫画は、「ワイルド7」のシリアスなストーリーや描写で一気に大人漫画として認識され始めたと思います。おそらくここから日本の「バイク漫画」が火が付き始め、子供から大人まで受け入れ始められました。

そんな年代が1960年代のバイク漫画です。
ここからバイク漫画の攻勢が始まったんです。

今回あげた3つの漫画も、確かにある意味バイク漫画なのですが、改めて見てみると1960年前半の2作品と後半の1作品で大きく変化が訪れています。

今回ご紹介したこちらの「バイク漫画の原点というべき3タイトル」は一度是非読むことをおススメします。

今は、マンガが読みたければ本屋に走らなくても、ネットで好きなマンガやアニメが観れるのでとても便利ですね。
マンガ代もネットマンガは割引率が高いので、紙の書籍と同じ金額出せば数倍の量読めるのがうれしいですよね。

今回の「バイク」漫画は是非読んでおくべきものなのですが、当然他の年代別でも紹介したい漫画があります。
リンク付けときますので、よかったらそちらの記事も読んでみてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次