年間100本映画鑑賞する芸人「こがけん」がおすすめの映画 ベスト5

ココイイ-エンタメ-こがけん映画

本当に面白い映画って何?
迷った時には、年間100本も映画を鑑賞する「こがけん」さんの生涯でおすすめの映画 ベスト5を観てみるのもいいと思いますよ。

映画って自分の趣味のジャンルだけで観ていると、世の中にたくさんある名作映画に出会う機会が失われるんですよね。

じゃあ、どうしたらいいの? ってなりますが、名作映画に出会う機会を増やす手っ取り早い方法って、「他の人がおすすめする映画」を観てみるのが一番早いと思います。

今回、YouTubeの番組内で芸人の「こがけん」さんが「自分が生涯で見た映画の中でのベスト5」という発表を行っていました。

結果が面白かったので皆さんにも共有しとこうと思います。

目次

芸人「こがけん」さんの映画遍歴は?

今や「おいでやすこが」のコンビでも人気ですが、小さいころから映画に接する機会が多く、年間100本以上は映画を観ているとの事です。
ネタにも生かされていて、YouTubeでも動画化して発表されているそうです。

【こがけんチャンネル】
YouTubeで、ネタや他の芸人とのコラボ、ハリウッド映画モノマネ、おすすめ映画の話などを配信しています。

そんな「こがけん」さんが、「年間100本映画鑑賞する「こがけん」がおすすめの映画 ベスト5」どうぞ。

紹介:「こがけん」がおすすめの映画 ベスト5

まずはベスト5から発表していきます。
「こがけん」さんはこんな映画を観ていたのか・・・ と感心してください。

好きな映画 第5位 恋はデジャ・ブ 王冠銅

超常現象によって閉じた時間の中に取り残された人間の心境の変化が観れるのが面白い。

引用:ソニーピクチャーズ
タイトル恋はデジャ・ブ
上映年1993年
監督ハロルド・ライミス
出演者ビル・マーレイ
アンディ・マクダウェル
内容ビル・マーレイ主演のラブストーリー。

タイムリープもの。
何故タイムリープしたのかの原因も解決も明確にしていない。

何かもリープしているうちに
「コイツの人生が救える」
「コイツにこう言ったら喜ぶかも」
など成長していく様が観られる。

試して行く中で性格がどんどん変わっていく。

何度も時を繰り返す事で自分の人生や恋愛について考えるのがこの映画「恋はデジャ・ブ」
「イヤな人間」も同じことを何度も繰り返す事で「いい人」になっていくのが面白い。
タイムスリープ映画の代表作品としておすすめできます。
名作の一つに入るのも良く分かる映画です。

好きな映画 第4位 ライフ・アクアティック 王冠銅

海洋探検家が冒険に出る。「人生は海だ」

引用:Amazon
タイトルライフ・アクアティック
上映年2004年
監督ウェス・アンダーソン
出演者ビル・マーレイ
オーウェン・ウィルソン
内容ずっと観れる映画。
キャラクターがすごく良くて、変わった登場人物で何回も観れる。
オフビートな笑いが重なるけれど最後はちょっと泣いてしまう。
疑似親子もの。

何となく見続けることができる映画がこの「ライフ・アクアティック」
娯楽映画はこのように撮るもの。
空想に近い動物も「アニメーション」「オモチャちっく」な感じがで表しているのが随所に見れる。
一見情報が多くてうるさい感じもするがうまくまとまったストーリーが最後まで一気に見れますね。
さすが「こがけん」。いいところに目を付けるなぁ。

好きな映画 第3位 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 王冠銅

今回「ジュニア(ヘンリー・ジョーンズJr.)」が父親と一緒にイエス・キリストの聖杯を探す

引用:Amazon
タイトルインディ・ジョーンズ 最後の聖戦
上映年1989年
監督スティーブン スピルバーグ
出演者ハリソン・フォード
ショーン・コネリー
内容有名なアドベンチャー映画。
親子が最初は不仲だけれども最後は中が良くなる。
この部分が好き。

冒険アドベンチャー作品として世界でもトップクラスに有名な映画が「インディ・ジョーンズ」
そのシリーズ作品の中で最後に撮られたのが「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」
ハリソン・フォードショーン・コネリーの競演が豪華な上、当たり前だがどちらも演技が上手い
娯楽作品としてはトップクラスなので観たことない人は一度観てみてください。

好きな映画 第2位 ブルース・ブラザーズ 王冠銀

「汝 光を見たか?」「そうだ!バンドだ!」ブルース・ブラザーズだ!

引用:Amazon
タイトルブルース・ブラザーズ
上映年1980年
監督ジョン・ランディス
出演者ジョン・ベルーシ
ダン・エイクロイド
内容孤児院の危機をコンサートの収益で救おうとする物語。
この二人がミュージカル映画のように歌いまくる。

人気が高すぎて実際のバンドとしても活躍していたのが「ブルース・ブラザーズ」
「これはミュージカル?」っていうほど随所に音楽がちりばめられていて楽しさいっぱいです。
登場人物がトップクラスのミュージシャンがたくさん出ていて、「豪華」としか言いようのない作品になっていますしね。
二度とこういう映画は観れないんだろうな。ぜひ鑑賞してください。

好きな映画 第1位 星の王子様 ニューヨークへ行く 王冠金

「王子とハンバーガー屋の娘では一緒にいられない」のか?

引用:Amazon
タイトル星の王子様 ニューヨークへ行く
上映年1998年
監督ジョン・ランディス
出演者エディ・マーフィ
アーセニオ・ホール
ジェームズ・アール・ジョーンズ
ジョン・エイモス
マッジ・シンクレア
シャリ・ヘッドリー
内容王子様が花嫁をニューヨークで探す話し。
王様と庶民の価値観のギャップからくる笑い。
嫌な奴が出てきても最後は全員が幸せになる。

エディ・マーフィ自然なコメディ能力がハンパじゃないと思わせるのがこの映画「星の王子様 ニューヨークへ行く」です。
ストーリーとしては、王子が街なかに自分の嫁を探しに行くだけのシンプルな内容なのに、「育った環境」が違うと「人の価値観」がこんなにも異なり、そこでこんな笑いが生まれるのかと思わせてくれた。
とにかくエディ・マーフィの楽しそうな演技が観たい人は今すぐ観ときましょう。

最後に:誰かのおすすめを観ると自分の世界がひろがる

いかがでしょうか。
年間100本以上の映画を観る芸人「こがけん」が選ぶ おすすめ映画 ベスト5 はこのようになってます。

私も観たことない映画が5本中2本もありました。
こうやって人のおすすめを改めて観ると「自分が今まで気づいていない作品」「もう一度観たくなるもの」が選ばれているのには感心しました。

やっぱり誰かのおすすめを観ると自分の世界がひろがると改めて感じています。

懐かしいものから、心を掴まれるような素敵な作品まで、たくさん素敵な作品があるのには驚きですよね。
お互いいろんな人からおすすめされる良い作品を観て楽しい毎日を過ごしましょう。

他にも色んなYouTube・書籍・雑記の記事をまとめていますのでよろしければそちらもご覧いただければと思います。

あわせて読みたい
【リンク集】YouTube・書籍・雑記|記事のリンクまとめました こちらではYouTubeや雑誌で紹介されたものの記事のリンクをまとめています。  『杏/anne TOKYO』 『やすとも・友近のキメツケ!あくまで個人の感想です』 『YouTube...

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次